2019-09

相談事例

昔は仲が良かった母親と今はもめてケンカばかりしている 【相談事例】

以前は良好な関係でしたが、ここ半年ほどは母ともめて口げんかしてばかりいます。もしかしたら小さい時から母親と仲が良すぎたのかなと思っています。私たちはまさに友達親子でした。私は母親に学校や友達との悩みも全部隠さずにしゃべっていました。母親も同じです。普通ならば親が子供に話さないようなことも、母は友達に相談するように私に話してきました。そのせいで母親の人間として尊敬できない部分を知りすぎたのかもしれません。今では未熟でみっともない人間だとしか思えなくなりました。
相談事例

人づきあいが苦手なため職場で話の輪の中に入っていけない【相談事例】

私の職場では、10時と12時と3時におやつや食事タイムと称して、なんとなくみんなで世間話をする暗黙のルールがあります。私も以前は、その時間はみんなと過ごすように心がけていたのですが、次第に気詰まりを感じてトイレに行って時間を潰したりするようになりました。
相談事例

彼への執着が強すぎて自分を抑えられず感情が不安定になる【相談事例】

私の悩みは彼に対する執着が強すぎることです。彼が友達と遊びに行ったり、休日に仕事で出かけたりすると自分を抑えられなくなってしまいます。大きな声で泣いたり、お皿は何枚も投げつけて割ってしまったり。先週などは私の誕生日に彼がどうしても外せない仕事が入ったことで我を忘れて、彼をグーで殴ってしまいました。けれど、他の人と一緒にいる時は全然そんなことはありません。彼に関係すること以外ではこんなふうにはなりません。仕事も普通にしています。
相談事例

罪悪感が消えずにいつも心の中にあるのを何とかしたい【相談事例】

罪悪感を最初に感じたのは、短大を卒業して初めての同窓会に出た時でした。その時とても大変な仕事をしている友達がいたのです。ブラック企業でとてもつらい毎日を送っていると疲れた顔で話してくれました。みんなで大変だねと同情して慰めていたのですが、私の心はドキドキしていました。私は職場に行くことが苦ではありません。勤める会社によってそんなにも大きな違いがあるということ知ったのはその時が初めてでした。そして友達に申し訳ないという気持ちが湧き上がってきました。自分ばかりが楽をしていることに強い罪悪感を覚えたのです。
相談事例

私より先に夫が死んだらどうしようという不安が消えない【相談事例】

台所で夕食の準備をしている時に急に変な事を考え始めてしまいました。それは、もし夫が死んだらどうしようということです。 すぐにでも死んでしまうということではなく、自分たちが年をとって私よりも先に夫が死んでしまったらという想像です。もし夫が私を残していなくなってしまったら。そして、その後も私だけ生きていくと考えたら、世界中が壊れてしまうような感覚が襲ってきたのです。